このサイトには
スマートフォン用のサイトがあります。
表示しますか?
はい。表示します
いいえ。表示しません

What's JAPAN SENSES
profile
継承と打破。東京・目黒は、勝川永一が生を受け、育った町だ。気心知れた地元の、ビルの一室にアトリエを構えたのは、英国ノーザンプトンで紳士靴の伝統製法を習得し、帰国した後である。窓の外には、幹線道路。その上を走る高速道路にも、車があふれていた。慣れ親しんだ風景とガラス一枚隔て、革を手にしながら勝川は思った。「いのちの抜け殻を、再び人がまとう。それが靴じゃないか」革を加工し、組立て、縫製し、足を入れ、舗装された都市を歩く。それは、自然が投げ出してくれた贈り物に、人知をもって、もう一度いのちを吹き込み、その恵みを感じること。靴への眼差しが、がらりと変わった。ため息が出るほど滑らかななめしもあるが、荒々しいレザーにも特有の美がある。サビル・ロウのスーツの如くタイトフィットする木型にも異論はないが、いっそシンメトリーなら、誰の足にも楽なのではないか。構想を練っては、浅草の工房を巡る。独特の分業制を守り、歳を重ねた腕利きの職人たちに告げると、その度に大いに笑い飛ばした後で、黙ってうなずいてくれるのだ。面白い、やってみるか、と。日本の靴の歴史は、欧米に及ぶはずもない。この国でそれを仕事にするなら、あえて本場から最も遠い、誰も真似できない価値をつくり出したい。真剣さと気迫をみなぎらせる一方で、永一をH?と表記し、エスプリに富んだマジシャンをブランドロゴにする、勝川の二面性。それは、あらゆるものをのみ込む、この国の貪欲さに重なりはしないか。アトリエのあるビル一階には、リペア専門「シュー・オブ・ライフ」があって、どんな一足も可能なかぎり原型を残し、復元、修復するという。既成概念を打ち崩す、その同じ拳で。〈H?Katsukawa from Tokyo〉紳士靴35,640円(税込) 伊勢丹新宿店メンズ館地下1階=紳士靴
Tradition and New Value Eiichi Katsukawa was born and raised in Meguro, Tokyo. It was after his return from Northampton, England, where he’d gone to learn the intricacies of making traditional men’s footwear, that he opened his one-room studio in a building in his beloved hometown. There is a major thoroughfare just outside the window. The highway which runs above the road had heavy traffic on this day. It was as he viewed this familiar setting through a single pane of glass, leather in hand, that it occurred to him. “Re-wearable life-protecting shells for people. That’s the essence of shoes.” He processes the leather, assembles and stitches the shoes, puts them on, and walks the city’s paved streets. It is to bring to life a gift given from nature, using one’s knowledge so the wearer can feel the benefits. The way he regarded shoes changed irrevocably. A smoothly tanned leather is breathtaking, but there is also beauty to be found in leather’s roughness. He has no objections to a tight fit?which evokes the custom-made suits tailored at shops along Saville Row?nor the wooden pattern, but it’s even better if they’re symmetrical as that will allow everyone to put them on easily. He walked around workshops in Asakusa, his head full of new concepts. Craftspeople there maintain an original system and division of labor, and when you talk to one of the elderly and skilled workers, they laugh loudly before nodding in agreement. “Maybe we should try that,” they say. The history of shoes in Japan pales in comparison to that of Europe and the U.S. If you are going to turn shoe making into a livelihood here, far from where the craft originated, you need the courage to create value that cannot be reproduced elsewhere. Katsukawa’s duality is manifested in his seriousness and sense of purpose, but also using “H?” to represent “Eiichi” and adopting a man conducting a magic trick for his logo. That’s attributable to this country’s hunger which consumes all. His repair shop, The Shoe of Life, is situated on the first floor of the building housing his studio, and he will work to maintain or restore the original condition of any pair of shoes to the best of his ability. Using the same pair of hands with which he attempts to tear preconceived notions into shreds.H? Katsukawa from Tokyo Men’s Shoes 35,640 yen (tax included)Isetan Shinjuku Branch Men’s Store B1F = Men’s Shoes
INTERVIEW
ノーザンプトンの一足に、この世界に誘われたそうですね。そのインパクトは、今の靴づくりに生きていますか?
学生時代にセレクトショップでアルバイトをしていた時に、どんな服飾製品よりも輝いて見えたのがエドワード グリーンでした。工芸的技術、フォルム、伝統的なデザイン、何とも言えない武骨さ、そして皮革の美しさに、ただただ驚きました。それが、大学卒業と同時に、どうしてもつくり手になろうと決意したこと、また後に、ノーザンプトンの公立職業訓練校へ留学したことの決定的な理由です。靴は、皮革の良さが全体の質感を占めるところが大きいので、当時の衝撃は、特に素材のクオリティの基準として生きています。
You seem to have first been lured into this domain of work by a pair of shoes from Northampton. Is the impact of that still evident in your shoe making today? When I was a student and working part-time at a boutique, the brand that really stood out for me was Edward Green. I was downright amazed at the artful technique, form, traditional design, odd absence of refinement, and the beauty of the leather. That impact resonates with me today in terms of the high quality, particularly of the material.
代表作のニベレザー、またシンメトリーのデザインに込めたものとは?
イギリスの伝統的な紳士靴に魅了され靴の世界に入りましたが、そもそも、それらはイギリスという国の文化から生まれたもので、揺るぎない伝統文化と意匠と価値観があります。日本人の私がそのイギリスの文化である靴をデザインする時には、イギリスの伝統文化と意匠と価値観にはない、デザインや価値観を盛り込みたいと考えています。一般的に美しいとされるカーフのスムースレザーとは真逆のニベレザーから、伝統文化の意匠や価値観とは離れた美しさを盛り込んで、新しい視点の紳士靴を目指しました。ニベレザーには、あらゆる薀蓄を吹き飛ばすだけのインパクトや感動があります。シンメトリーのデザインも基本的には同じ発想で、元来正しく履き心地が良いとされる、タイトフィッティングの靴の木型とは真逆の、最大公約数をとった緩い木型です。しかし、誰の足でも簡単に履け、軽さを出すことで、今までの靴とは違う快適さを表現しています。また、デザインとしても、繊細さとは正反対のユニークなフォルムが、新しいファッションデザインの可能性を作り出しています。
With regard to Nibe leather, your representative work, what is behind the symmetry in the design? My aim is to convey a beauty somewhat divergent from a culturally traditional design; to create men’s shoes from a new perspective. Nibe leather packs a punch in terms of defying conventional wisdom. Symmetrical design is also a direct contrast to the secure fit and wood shoe mold, but by designing the shoes to make them easy for anyone to put on and by making them light, we’ve accomplished an unprecedented degree of comfort.
今回の、メンズ館とのコラボの一足についてお聞かせください。
シンメトリーの木型に今回テーマのブラックウォッチファブリックをあしらいました。かつてメンズ館で展開させていただいた際に、5、60代の男性が「広くて、軽くて、すごく楽なんだよ。心地いいんだよ」とおっしゃってくださったんです。今回、そういった履き心地を、今一度体験していただこうと、ブラッシュアップしました。つま先やかかとはぶつかりやすい所ですので皮革に、曲がる部分にファブリックとすることで、より質感を良いものにしてくれています。デザインとしても、機能としても、いい形になりました。
What about the pair of shoes on which you collaborated with Men’s Kan? We added the black watch fabric ? the central theme of this pair of shoes ? with the woody texture and symmetrical wood shoe mold. Furthermore, friction frequently occurs at the toe and heel of the shoe, and by employing fabric at the bends in the shoe we’ve succeeded in providing enhanced quality.
クリエーションとリペアの両方を手がけられるのは、なぜでしょう?
私が手がけるクリエーションは、服飾製品です。履いたり、着たりするものなので、そのクリエーションが愛用いただくお客さまの生活の一部になった時、デイリーなメンテナンスも、デザインやクリエーションの維持や保全といった意味で必要性を感じています。また、クリエーションはグローバルに、サービスはローカルにというスタンスがデザイナーとしても新鮮だと感じています。ですから、生まれ育った東京の目黒区にお店を作りました。そこに、H?Katsukawaの靴修理を持ち込んでいただいた際の喜びは格別です。
Why do you handle both the creation and repair of shoes? The shoes I create are like furnishings. When the creation becomes a beloved part of a customer’s life, daily care becomes important in terms of maintaining and conserving the design and the creation. I think globally when I create and locally when I provide repair services.
「靴とは、いのちの抜け殻を再び人がまとうものとおっしゃっています。その意味をお聞かせください。
東京という都市で生まれ育ち、都市のルールの中で生きてきました。そもそも都市とは、例えば舗装された道路や、電燈、地下道など、自然から乖離することで利便性を追求しています。そういった環境では、便利さの反面、全ての源である自然への意識が希薄になります。そもそも備わっている自然としての人間の感性が鈍くならざるをえません。都市生活において、動物の繊維を身にまとうことは、決して人工ではつくれないその繊維を感じることが、自然を感じることであり、小さくても自然崇拝的感覚を取り戻すきっかけになるのではないかと考えています。太陽も、海も、植物も、動物も、与えられた恵みです。それを都市生活で感じることが、現代において豊かさのひとつになると思います。
You have said, “Shoes are people’s re-wearable life-protecting shells.” Can you explain the meaning behind this? I was born and raised in Tokyo, and lived within the rules of the city. Though it is extremely convenient, consciousness of nature?the origin of all things?has been severely diluted, and so it’s understandable that our sensibility toward nature, which has always been around us, is dulled. I believe that wearing animal hides while living in the city, featuring patterns that cannot possibly be man-made, is a means of connecting with nature.
ピッグスキンの価値を向上させたいとも伺いました。
そもそも革に優劣などない、と考えています。フランスでなめされた仔牛のきめ細かさは、もちろん素晴らしい。一方で、生命や自然というのはすべて美しいものですから、根源的な生命感にも美しさはあるはずです。そこで、あえていろいろな表情の皮革を使って、ハッとするような、なんだろうこれは、というようなものを発表してきました。それでも、現実の経済活動の中では、革には価格差があります。豚は比較的近郊で飼われ、輸送コストが抑えられることもあって、価値も低く見られがちです。しかし、豚の繊維は薄くて硬く、ハリがあって、独特な風合いがあるんですね。また、素材の調達からなめしまで、東京で完結できる。豚革そのものの注目度を上げたいという気持ちもありました。
Are you also aiming to increase the value of pigskin? As a material, I believe there is no superiority or inferiority among different types of leather. Life and nature are beautiful things, which means there is beauty in the fundamental vitality of life. Pigskin is thin, light and supple, and has a unique texture. Moreover, all processes from procurement of the material through to tanning can be accomplished here in Tokyo.
分業制を守る浅草の工房についてお聞かせください。
浅草の奥まった地域で、革を切るところから縫製まで、細かに分業化された現場を目の当たりにした時に、東京で暮らす自分が、同じ東京でつくられているものを身につけるという、不思議な感覚があったんですね。フィレンツェなどヨーロッパの都市ではよくあるように、東京でもすぐ近くで生産したものが手に入る。流通が複雑すぎて見えにくいだけなんだと。それを知ることも、商品の付加価値やお客さまの喜びになったりするんじゃないかなと。日本の産業を盛り上げたいと言うとおこがましいのですが、せめて私もそこでものづくりをしていきたいと思いました。浅草の工房は、高齢化とコストが問題を抱えています。日本製は、流通している靴のごくわずか。極めてニッチな産業です。人件費、皮革の輸入、昨今では円安も厳しく、国内生産ではどうしても高価になります。若い方が技を継承する機会も少ない。革を切って上部を縫う、非常に繊細な製甲の工程の担当は70代、80代の方々です。そんな先輩方に「仕事どんどん持ってこいよ!
って発破かけられるんです。次世代が育つ間、何とか踏ん張ろうとしている。イギリスのチャーチでも60歳の女性が縫製していました。あらゆる先進国の製造業が直面する課題ですね。
Can you tell us about the Asakusa workshop where a traditional system for labor division has been preserved? Just as is often the case with cities in Europe such as Firenze, in Tokyo one can easily acquire goods that have been manufactured nearby. I believe that knowing this adds value to the product and enhances customer satisfaction. The workshops in Asakusa are struggling due to ageing workers and costs. Most people there are in their 70s and 80s, and they pressure us to “bring in more work.” They are just trying to hang in there until the next generation is ready to take over.
靴づくりからご覧になった、日本人のものづくりとは?
非常にきめ細やかで、アイデアも豊富で、創意工夫に優れていると思います。靴のクオリティは非常に高い。メンズ館の地下1階のフロアを見ていただければ、世界の靴の中で、日本製品がいかにコストパフォーマンスに優れ、繊細で、良いものかが実感できると思います。アイデアという点では、例えばグッドイヤー製法に工夫を凝らし、クオリティを落とさずに生産性を高めていく、日本独自の仕様もあります。ノーザンプトンの進化形ですね。表面を均一にするなど、革の加工にも日本は優れていて、原材料も多くない中で、生産性の高いものをつくることに懸命なんですね。日本人は思いをモノに込めたり、つくりこんだ表現がうまい。こうした姿勢は、靴以外でも日本製品には共通だろうと思います。
What are your thoughts on craftsmanship in Japan, from your perspective as a shoe craftsman?Japan has its own unique specifications, such as adding a new twist to the goodyear manufacturing method and for increasing productivity without sacrificing quality. Our processing of leather is highly advanced, and we strive to create high quality products given the dearth of raw materials. Japanese people are adept at giving form to thoughts and visions. I think these attitudes are common to all goods produced in Japan, not only shoes.
勝川さんご自身のものづくり、日本のものづくりはどこへ向かうのでしょう?
服飾雑貨としての靴は、素材も、デザインも、意匠も、それに付随する文化も、そもそもが海外のものです。また、先進国の製造業は人件費が高く、コスト面で新興国のものづくりにかないません。そのような前提を踏まえたうえで、日本独自の、誰も真似のできない、歴史と文化やアイデアや美意識を、より反映させた独自のものづくりへと進化していきたいと考えています。日本の靴の歴史は、当然、欧米に及びません。今までは、海外から入ってきたものをただただ受け入れてきましたが、洋服以前の自国の文化を学び、その上で海外の靴を学ぶといった、トータルに文化を習得できる場所も必要なのではないかと思います。スウェーデンは、日照時間の少ない環境で室内家具が発展した歴史や、それに適した自分たちの国で採れる木材について幅広く学んで、伝統工芸品のデザインに昇華しています。そういう取組みが日本にももっと必要ではないかと。また、日本のスポーツシューズが非常に優れた機能性を持っているように、海外にはない最先端テクノロジーを靴づくりに融合し、既存の概念にないものをつくる可能性も強く感じています。
What are your thoughts on the direction of your own creative future, and on that of Japan? Shoes as a fashion item?everything from materials and design to the cultural significance attached to them?are originally from abroad. My hope for the future is that we are able to evolve Japanese craftsmanship into a form that cannot be imitated; a form that reflects our singular history and culture, ideas and aesthetics. I strongly believe in the possibility of new concepts in shoe making, which incorporate the latest technologies.
男性のロゴが、エスプリに富んでいますね。
こうしてお話ししてきたことが、もしかしたら伝わらない方もいるんじゃないかと思っているんですね。このロゴがあると、全く違う方向から興味を持っていただいて、伝わる可能性が広がるんじゃないかなと思いました。ロゴの男性は、タバコのマジックをしています。トリックには、技法的なニュアンスもあります。プロとして、技法を駆使しながら、意表を突いたモノづくりをする。受け取る方は「面白い」でいいと思うんです。浅草の工房の人たちも「面白い!」と言ってくれる。そういう両方を兼ね備えたものづくりをしたいなと。そんな思いが、このロゴに昇華されているかなと思っています。
Your logo of a man is quite witty, isn’t it? I figured this logo would generate interest from a completely different direction and help convey our message to a broader audience. The man in the logo is performing magic with a cigarette. The trick has highly technical nuances. As a professional, he succeeds in producing something that exceeds expectations through the application of technique. I believe that this thinking is sublimated into the logo.
三越伊勢丹の「JAPAN SENSES」ついて、ご意見をいただけるでしょうか?
こうした取組みをされている百貨店はありませんし、日本人のひとりとしても、喜ばしく感じます。先陣を切ってそういった価値を広げようとされているので、すばらしい活動が、世界にも伝わっていけばいいなと心から思います。伊勢丹新宿店は、小学校の頃から、美容室を営んでいた父母にいちばん連れて行ってもらった百貨店で、いろいろな思い出があります。いつもセンスの良さのある華やかさで、幼心にもワクワクしたものでした。今は、お取引先でもある百貨店ですが、その変化と前進には、いつも感動し、感服しています。私もともに同じ覚悟で前進したいと思います。
What do you think about Isetan Mitsukoshi’s JAPAN SENSES? I was taken to Isetan’s Shinjuku branch more than any other department store when I was an elementary school student, and the changes and progression fill me with inspiration and admiration. Isetan Mitsukoshi is a leader in broadening such value and I hope this message reaches a global audience. I also hope to move forward in that same vein.
ありがとうございました。 Thank you very much for your time.
ARCHIVE