このサイトには
スマートフォン用のサイトがあります。
表示しますか?
はい。表示します
いいえ。表示しません

What's JAPAN SENSES
profile
和を想う、洋。天童木工で企画部を率いる取締役 福島幸雄は、駆け出しの頃、その姿をまぶしく眺めたブルーノ・マットソンを思い出していた。1974年に初来日。日本のための家具をデザインしたいと、はるばる山形の小都市を訪れたスウェーデンの巨匠。朝方描いたスケッチを夕方には試作品にしてしまう職人たちの手技に目を丸くしながら、宿泊先の旅館に持ち込んでは、和室に馴染む作品を生みだしていった。圧迫感のない存在感。引きずっても床や畳を傷めにくい機能性。ハイバックチェアは、北欧が日本で日本のために見出した、暮らしの美だ。そんな傑作に、インテリアスタイリスト茂木雅代氏のセレクトによるノル・テキスタイルの生地を張り、オーダー生産する。伊勢丹からの提案には腕が鳴るが、ノルは複雑な柄ゆえに美しい。製造部の加賀美和彦は、いっそう寡黙になるだろう。だが、枕部分のクッションには、頭のおさまりが最もいい力加減で、とも布のボタンを締め込み、その向きひとつにも注意を払うにちがいない。成形合板の曲げを担当する伊藤岳史は、極薄に削いだホワイトビーチに、天候によって配合を調整した接着剤を塗り、剛性を考えて重ね、プレスする。そして、完璧な有機曲線になお不満をにじませるのだ。持てる力のすべてを注ごうとする、一途なつくり手ばかり。長く公共施設の第一線で品質を磨いてきた天童木工が、近年あらためて個人向けに本腰を入れるのは、図書館やコンサートホールで触れる豊かな質感を、日々の生活でも楽しんでほしいと願うからだ。創業以来変わらないのは、木材に人知をもって向き合い、余すところなく新しい価値にすること。家具職人の息子ブルーノも、そんな天童気質を遠い国で耳にしていたとも聞く。福島の頬を、山の風が撫でた。工程で出るわずかな木くずで工場全体が暖をとる季節は、もうそこまで来ている。
〈天童木工〉×〈Knoll Textiles〉[マットソンシリーズ]ハイバックチェア201,960円 オットマン102,600円(税込)伊勢丹新宿店本館5階=イーストパーク ※お選びいただく張地により価格は異なります。オーダー生産のため、通常お届けは5週間後となります。
West, with thoughts for the East Yukio Fukushima, an executive leading Tendo Mokko’s planning department, is reminiscing about Bruno Mathsson, whom he admired so much when he was just beginning his career.On his first visit to Japan in 1974, the Swedish master came all the way to the small city of Tendo in Yamagata Prefecture, yearning to design furniture suitable for Japan. Impressed by the skills of the local craftsmen who could turn his sketches drawn in the morning to completed prototypes by that evening, he would carry the finished pieces to the ryokan where he was staying, thus creating works that blended with Japanese rooms. A sense of existence without a feeling of oppression. Functionality that protects floors or tatami from being damaged, even when dragged.The high-backed chair epitomizes the beauty in everyday life as found by a Northern European in Japan, for Japan.Such a masterpiece is upholstered with Knoll Textiles fabric selected by interior stylist Masayo Motegi to produce a custom-made chair.Isetan’s offer heightens excitement, but the beauty of Knoll Textiles fabric arises from its complex design making production of the chair all the more difficult.Faced with such a challenge, Kazuhiko Kagami of the manufacturing department cannot help but become quieter than ever. But he is sure to fasten a button in matching fabric to the headrest cushion ensuring the right firmness for the customer’s head, and will also be meticulous about which way the buttons are facing. Takeshi Ito, who bends the molded plywood, applies glue custom-made that day according to the weather to thinly sliced pieces of white beech, then layers and presses them, all the time paying attention to the wood’s rigidness. A perfectionist, he still expresses dissatisfaction with the perfectly rendered organic curves. Each and every craftsman works with all his heart, putting everything he has into the work.Tendo Mokko has long worked for prestigious public facilities on the front lines, brushing up its skill and quality of workmanship, but has restarted focusing on individual customers. Why? The company wishes for everybody to enjoy the rich quality of furniture experienced at libraries and concert halls in their everyday life. What remains unchanged since it was founded is Tendo Mokko’s ability to create new value, using human wisdom to fully examine the character of wood and get the best out of it.Mathsson, the son of a furniture craftsman, is said to have heard as much about the Tendo spirit in his home country, far away from Japan.Wind from the mountains caresses Fukushima’s cheeks. Soon it will be the season when the craftsmen warm themselves with what little woodchips remain after furniture making.<Tendo Mokko> x <Knoll Textiles> [Mathsson series]High-back chair 201,960 yen, Ottoman 102,600 yen (tax included)※Prices vary according to choice of fabric. Please allow approximately 5 weeks for delivery due to the custom-made nature of this product.Shinjuku ISETAN Main Building 5th Floor / East park
INTERVIEW
特徴的な工程を、企画部企画課係長の結城純さんとご担当の方に伺います。I interviewed Jun Yuki, planning section manager of the planning department, and others responsible for certain divisions about Tendo Mokko’s unique production process.
接着 結城さん「丸太を桂むきにして単板にし、貼り合わせてプレスにかけます。その前に、板一枚一枚にローラーでまんべんなく接着剤を塗ります。接着剤は既製品でありません。気温や湿度で硬化の時間が変わるので、その日のコンディションを見極め、その日必要な量だけつくります」伊藤岳史さん「接着剤を塗った板を13枚、厚さ1ミリと1.5ミリ、木目の方向が違うものも混ぜて重ねます。マットソンの素材は、ホワイトビーチ(ブナ)です。プレス機のスイッチを入れたり切ったりしながら、曲がりの様子を見ていきます。途中で電極を差し込み、高周波電流を流します。プレス機に蛍光灯をかざしただけで点灯するくらいの高周波電流で加熱し、接着剤を固めます。木にはいろんな性格があって、同じようにはいきません。柔らかい木、堅い木、切れたり破れたりするものもあります。冷ましてから取り出します。そうしないと破裂してしまうんですね」 Gluing Mr. Yuki: Working in a circular motion, we first peel the wood into long strips and layer the pieces to be pressed together. The glue we use is not ready-made, but instead handmade after carefully checking daily conditions, because temperatures and humidity affect the hardening and setting times. We make just enough glue for each day.Takeshi Ito: The material used for the Mathsson chairs is white beech. We keep turning the molding press machines on and off to check the curvature of the wood. The machines use such high frequency currents that light bulbs “switch on” independently if placed nearby, and we use heat to harden the glue.
裁断 結城さん「ホワイトビーチ材に貼る0.2ミリの表面材「突板」です。マットソンには使いませんが、多くの椅子はこうした素材で表情を出します。背中から座面へ流れるように見えるように、材料を選んでいきます。バタフライスツールには、木目を左右対称にするルールがあるので、材料に薄く刃物を入れ、対になるようにします。大量に注文があった場合には、表情が揃うだけのロットがあるのか、班長が頭の中でシミュレーションします。図書館の棚づくりには、どうしても譲れない点があります。並べた時に、棚の外側の面が手前から奥へと木目が大きくなっていくようにしたい。人が気にしないところまでも気にして、素材を吟味していく。手を加えることを惜しまないことが天童木工のポリシー、さらには日本のものづくりではないでしょうか。ここは床が板張りで、床下におが屑を落とせるようになっているのです。それをボイラー室に送り、温風を木材、製品、塗装の乾燥に利用します。冬場は暖房にもなります。工場に入ってきた木材は、家具になるか、熱エネルギーになるか、どちらか。ゴミとは言わない。言っちゃいけないんですね。自然からいただいたものですから」Cutting Mr. Yuki: We adhere a 0.2mm-thick surface ply to the white beech so that the wood grain appears as if it flows from the chair backrest to the seat surface. If we make library bookshelves, we make them so the shelves’ outer surface displays the wider grain further toward the back. Sparing no effort, this is Japanese craftsmanship.The floors are boarded here and we let sawdust drop under the floor to send it to the boiler room. The heated air is used to dry wood, products and paint.
椅子貼り 結城さん「ここでは椅子のファブリックを裁断します。ほとんどが受注生産で、一点一点、テーラーのように、布地に座面や肘の型紙を当てて線を引いていきます。柄物は特に気を使わなければなりません。20脚なら20脚すべて柄を揃えないといけないからです。素材の傷も見逃せません。牛革はごく小さな傷でも裂けやすくなるので、目視も特に入念に。1つの製品に2~3種類の型紙があるのは、同じ形でも素材によって伸び率が違うからです」Upholstering Mr. Yuki: Lines are drawn on fabric for the chairs, using patterns for seats, armrests, etc. just tailors do.
縫製 結城さん「木のフレームにかぶせる、袋状の布地を縫製しています。パーツの大きさや素材によって複数のミシンを使い分けます。革を削ぐ機械もあります。革は折り返すと厚くなるので、半分の薄さに削ぐと縫いやすくなり、仕上がりもきれいになるんですね」Sewing
Mr. Yuki: We use several sewing machines, each for different purposes. There also is a machine to skive leather. Leather tends to get too thick when folded, so thinning it by half makes it easier to sew and creates a neater, finished look.
張り加工 結城さん「ハイバックチェアのヘッドや肘の部分に、手づくりしたボタンを締め込みます。使い勝手がぐっと良くなり、見た目にもスタイリッシュな張りが出ます。最後にボタンの向きを統一する。たとえお客さまには気づかれなくても、そういう積み重ねを大事にしているんです」加賀美和彦さん「ボタンは、ヘッドと肘では締め込む具合が違います。ヘッドは最後まで締め込まず、少し余らせ、浮かせる感じにすると頭のおさまりが良くなります。つくるのは、1日に5本くらいでしょうか」 Stuffing Mr. Yuki: We fasten hand-made buttons to the head and armrests of high-backed chairs. Then we make sure that all the buttons face the same direction, even if customers won’t notice.Kazuhiko Kagami: How much the buttons are fastened is different for the head and armrests. It is better not to fasten them too tight but leave a little room for the headrest so that a person’s head will fit more comfortably.
タフティング 加賀美さん「ボタンではなく、糸による締め込みです。生地に小さな印が付いていて、そこが縫い穴。印を間違うことはまずありませんが、一発勝負です。最終工程は、お客さまから一番見えるところですから神経も使います。仕事のやりがいは、納品したものにゆったり腰掛けているお客さまを見かけた時でしょう」Tufting Mr. Kagami: This last process concerns parts that the customer will see the most, so we work very carefully to specific details. The most rewarding moment part of this job is seeing customers sit and relax on the chairs we made and delivered.
取締役 企画部長の福島幸雄さんに伺います。天童木工の歴史からお聞かせください。
会社の前身は、昭和15年、モノも仕事も不足してきたので、受注したものをみんなでつくって利益分配する組合でした。家内工業の集まりですね。いよいよ戦争になると、弾薬箱や「おとり飛行機」をつくったりしました。そのプロペラがどうも成形合板だったようなんです。成形合板の技術を確立させたのは、商工省産業工芸指導所の乾三郎、後に私どもの常務になる人物ですが、すでに接着したものを高周波で乾かす技術まで身につけていた。通信兵の経験があり、知識もあったようです。成形合板は北欧で生まれた技術ですが、日本の草分けは間違いなく天童木工です。今では技術も、日本の方が優れてるのではないでしょうか。
Yukio Fukushima (executive and planning department manager), please tell us about the history of Tendo Mokko.We used to be a cooperative of small family-based factories. We manufactured munition cases, “decoy airplanes”, and so on during the war. Their propellers were made of molded plywood. The techniques used to manufacture molded plywood came out of Northern Europe, but Tendo Mokko most definitely pioneered the process in Japan. I even think Japan’s techniques are superior nowadays.
国内の間伐材などにも応用されていると伺いました。
市内企業4社で協力して、年2回、市内の森の間伐や下刈りをしています。間伐材でベンチをつくったりしてきましたが、到底追いつけるものではありません。3年ほど前から研究して、杉の無垢材を圧縮する技術を開発しました。床のフローリング材メーカーには先行している企業もありますが、それは平面で、厚さ100ミリを50ミリに詰める技術です。私たちは3ミリや5ミリの厚さを圧縮して、ホワイトビーチのように成形できる1ミリや1.5ミリにすることに成功しました。杉は曲がらないという常識が変わったんですね。全国から、わが町の材料を使って庁舎の備品をという注文も増えてきました。次第に、人手も機械も追いつかなくなりそうな気配があります。興味をもってくださる方が増えて、少しでも杉を救うことが希望です。間伐材だから安いというイメージがありますが、手間をかければコストは上がる。そこをどうするかも課題です。
Is it true that such techniques are also applied to timber sourced from forest thinning in Japan? Research began about three years ago and we succeeded in slicing cedar into 1 to 1.5mm thick layers so that it can be molded like white beech. The common assumption that cedar is inflexible has been altered. We started to receive more orders from all over the country asking us make furniture and related fixtures for government offices, using materials sourced from those particular regions.
ブルーノ・マットソン氏が最初に契約した外国人デザイナーとお聞きしました。
当時、私共の社員がスウェーデンに留学して、いちばん有名なデザイナーは誰かと周囲に聞くと、ブルーノ・マットソンだと。そこで彼に会いに行こうとしたところ、大御所がお前のような者に会ってくれるはずがないと止められたそうです。諦めきれない社員が、天童木工の社員だと告げると、会ってもいいと返事が来た。彼は天童木工を知っていたんですね。その後、その社員が彼を日本に呼んで来ました。マットソン氏が、朝この工場に来てスケッチを描くと、社員が夕方には試作品にして見せた。それをすごく気に入られたと聞いています。入社間もない頃の私も、彼の姿をよく目にしたものです。
Bruno Mathsson was the first foreign designer to contract with Tendo Mokko, was he not?
Mr. Mathsson would come to this factory in the morning, draw a sketch, and the workers would finish making its prototype by that evening and show it to him. I heard he was really pleased with such promptness.
マットソン氏は日本通であったそうですね。
滞在中は、天童市内の畳のある旅館でないとダメ。そこに試作品を持ち込んでいたそうです。彼は、日本で使う家具をデザインしたかったんです。ハイバックチェアの下の部分、「床摺り」のアイデアにも、それが表れていますね。デザインフィーも、日本の学生のためにと奨学金の財団をつくり、そこに納めたそうです。
Mr. Mathsson was well-versed about Japan, wasn’t he?
He insisted on staying at a local ryokan with tatami-matted rooms. I heard he carried the finished prototypes into his room. He wanted to design furniture that could be used in Japan.
今回のコラボレーションについてはいかがでしょう。
さまざまな素材を扱ってきたので、ノル・テキスタイルも扱ったことはあると思います。マットソンについては契約上、木部の色や表面材は変えられませんが、ファブリックについては自由。ハイバックチェアの革張りをしたことはありましたが、今回は非常に面白い試みです。ぜひ、本物のものづくりでお応えしたいと思います。公共施設などへの納入を長年やってきましたが、価格だけの競争には自信がありません。5年ほど前からホームユース、すなわち一般のお客さまに使っていただいて価値を感じていただくことにも力を入れるようになりました。市場には大手さんがいらっしゃいますが、お客さまにはモノの本質をきちっと見抜ける方がいらっしゃるはず。そんなお客さまのために価値をつくり、お伝えし、認めていただけるかというところにチャレンジしているわけです。今回、すでに価値をつくってきた方々と組み、わずかな規模であっても新たな価値をつくっていくことは意味が大きいと考えています。まったく違うお客さまにアプローチできるわけですから。天童木工は、建築、設計、デザインなどの業界では知っていただいていますが、ほとんどが特注品なのでエンブレムもなく、一般の方には無名です。しかし、公共施設など、どこかで必ずと言っていいほど触っていただいているはずなんですね。重要な場所に納める家具をつくる職人が、そのままおつくりすることをお伝えできればと思います。
What do you think of the current collaboration? Very interesting, I think. I would like to show what we can achieve through genuine craftsmanship.This is an opportunity to collaborate with persons who have already established values and to approach totally different customers. I hope we can directly convey the work of our craftsmen who are making furniture for prestigious environments.
「JAPAN SENSES」について、どうお感じになりますか。
品質の勝負であれば、私たちにもできると思うんですが、お客さまの価値として伝えられない。ですから、とてもうれしいことです。つくり手は「いいだろう」と押しつける傾向が強い。そうではなく、お客さまが価値として認めてくれるものをつくれば、お客さまにとって素晴らしいものになるのです。つくり手、ことに品質だけで勝負してきた私たちはつい自分たちばかりを物差しにしてしまいます。ホームユースは、あくまでそれをお客さまが価値として受け取ってくれない限りは意味がない。つくり手の価値をお届けしたいのであれば、価値として伝えなければならないと思うんです。天童のテーブルには「縁材」が5ミリも張ってあります。ぶつかっても下地が出ないためです。そんなつくり手側の価値が、お客さまにとってはコストになる。5ミリの理由を、価値として感じていただけるように伝える。そういうことを「JAPAN SENSES」はなさろうとしているように感じます。
What are your thoughts on JAPAN SENSES?
If it was just a matter of presenting the quality of a product, we could do it ourselves. But we couldn’t be convincing enough in regard the value for customers. So we are very glad to take part.
日本のものづくりとは何でしょう。
嘘をつかない、ということじゃないでしょうか。お客さまに対して、そして自分に対して。職人は妥協しません。経営的には、どうしてここまで手をかけるんだということもあるんですが、つくる方は5千円で受けても、5万円で受けても差がありません。納得できないことがあると、頑固なくらいやるものです。マットソンのプレスも絶対に一気にやらない。やってもよさそうなのに。それが、日本のこだわりや技術なんです。
What does Japanese craftsmanship mean to you? Craftsmen’s work doesn’t lie. Craftsmen do not lie to customers and they do not lie to themselves.
三越伊勢丹のメッセージ「変わる、その先へ。」の印象を伺えますか。
「先へ」とは、お客さまの価値をどういうふうに捉えて、どうつくりだすかだと思うんです。そうおっしゃっているんだろうなと。私たちも心がけてはいますが、お客さまがどこにいて、この先何を求めていくのかを知るのはほんとうに難しい。自分が買うことを考えればいいのでしょうが。「えっ、これが5万円!」の「えっ!」をつくるのだと。
What is your impression of Mitsukoshi Isetan’s message,'Ahead of change?''Ahead', I think, means how we capture value for customers and how we put this into shape.
ありがとうございました。Thank you very much.
NEWS

オンリー・エムアイ  特設サイト       www.miguide.jp/onlymi_fa

ARCHIVE