このサイトには
スマートフォン用のサイトがあります。
表示しますか?
はい。表示します
いいえ。表示しません

What's JAPAN SENSES
profile
魂の槌(つち)跡(あと)。 三十三間堂の西に因んだ店名と、商品に刻まれた「茂作」の印は、調理道具の理想を求めてやまない者には、こころ震えるものがある。寺地茂。半世紀余りにわたり、京の都でひたすら槌を打ちおろし、金属に命を吹き込んできた名工。彼は、百貨店からの依頼を断り続けてきた。理由はひとつ、生産が注文に追いつかないからだという。宇治にほど近い工房を訪ねて、合点がいった。数ミリの金属板を、ほぼ「叩く」という動作だけで、絶妙な使い心地を約束する鍋や釜に生まれ変わらせる。ひとりが全工程を担当するのだが、その数、わずか5人。目を奪う美しさに「工芸品」「作品」と呼ばれもするが、揺るがないのは、あくまで手頃な「道具」であること。であれば、コストに跳ね返る製作時間をいかに短縮するかが勝負なのだが。現実との板挟みの中で、ただただ槌音だけが響く。そのひとつは、息子・伸行の槌からだ。大学で鍛金を学ぶと迷わず父の工房に入り、薫陶を受けた。仕事が終わると夕食の箸が持てなかったほど、と遠い日を振り返る。その繊細な槌跡を、粗く力強い自分のものと比べ、時の流れを想う父。茂が、鴨川近くの、とある割烹に誘ってくれた。京らしいしつらえの、煮物、焼き物、揚げ物、汁物、ご飯は、味わいもまた素晴らしい仕事である。料理場に目をやれば、ことごとく「茂作」ばかりではないか。切り盛りする若主人に、茂がさらに工夫の余地を尋ねている。料理する手を納得させて、ようやく完成品なのだろう。隆々たる体躯。筋肉のついた指。次世代への代替わりを進めているというが、齢八十前には思えない。さらにその魂は、槌に応えて輝きを増す、さながら金属のようにちがいない。〈WESTSIDE33〉両口行平鍋 アルミ18cm 8,640円(税込)限定15個 伊勢丹新宿店5階=キッチン雑貨
Hammer-Struck Marks of Spirit Located just west of Sanjusangendo, a temple whose columns are spaced thirty-three lengths apart, the store is named WESTSIDE33. The brand, Mosaku, inscribed on each product, is familiar to anyone who searches for perfection in cooking utensils. Shigeru Terachi is a master of tankin (metal-hammering). For over half a century, he has devoted himself to hammering day after day, breathing life into metal in Kyoto. He has always rejected orders from department stores, simply because the supply would not be able to keep up with the demand. Visiting his workshop, located near Uji, made me understand. Using, for the most part, just a hammer, a sheet of metal a few millimeters thick is transformed into a pot or a pan—a utensil that feels just right. The entire process is done by a single craftsperson, and there are only five craftspeople in total. The finished products are so beautiful that they are sometimes called artifacts or works of art, but they should, above all, be useful (and affordable) tools. However, to accomplish this, it is necessary to shorten production time to reduce the costs. Relentlessly seeking to attain the perfect balance between aesthetic ideals and commercial realities, hammering continues to echo from inside the workshop. Some of the sound comes from a hammer used by Terachi’s son, Nobuyuki. After learning tankin techniques at college, he did not hesitate to join his father’s workshop, where he received further training. Terachi compares the delicate hammer marks of his son to the rough strong marks of his own, as if to mark the passing of time itself. Terachi took me to a Japanese restaurant near Kamogawa River. Furnished in a very Kyoto-esque style, all of the food tasted superb whether it was simmered, grilled or fried. There I saw “Mosaku” inscribed on all of the utensils in the kitchen. Terachi asked the restaurant owner if there was room for any possible improvement. His works become complete only when the hands of chefs are satisfied. Well-built in stature, he looks too young to be almost eighty, as he says he is passing down the work to the next generation. No doubt he is much younger on the inside, like the very metal he has worked with all these years, which only shines brighter the more it is hammered. <WESTSIDE33> “Yukihira-nabe” saucepan with double pour spout, aluminum 18cm, 8,640 yen (tax included)  Limited sales of 15 Isetan Shinjuku 5th Floor =Kitchen goods
INTERVIEW
そもそも、百貨店との取組みは気が進まなかったと伺っています。
百貨店は売れる。まして三越伊勢丹さん。だけど、生産が追いつきません。そう言うのは贅沢すぎるんやけど、でけへんもんは、でけへん。人雇っても、一年二年でできるもんと違うしね。職人には、早くせえ言います。早くせな、コスト高こうなるだけ。高こうしたらお客さんに迷惑かかってくるしね。「道具」やさかいね。手打ちでやってる所は少のうなって、やってても工芸品。生活の道具じゃない。日本の手づくりは味があってええけど、すぐでけへんのが難ですわ。
 Is it true that you were initially reluctant to collaborate with a department store? I knew that the products would sell at a department store, especially at such a prestigious department store like Isetan Mitsukoshi. But I wouldn’t be able to keep up with the orders. I would have to tell the craftspeople to work faster or the costs wo
何種類くらい、おつくりになっているんでしょう?
わからへん。寝てる時でも、どんなしたらかっこええなあって、思ってます。機能と、格好と。料理が好きでね、どないしたらうまいことできるかなと、思うんですわ。ここに来やはる料理屋さんも、いまは和風でもあかへん、洋風ないろんなに代わってきてますやろ。そこへ、こんなんどうやと、いろいろ提供していくうちに、店の様子もこうなってきたわけです。
How many types of products are you making? I don’t know. I’m always thinking about what I can do to make them look cooler, even when I’m in bed, meaning in terms of improving the functions and designs. Since I like cooking, I want to create better cooking tools.
今回ご紹介する行平鍋について、特長を教えてください。
ほかと同じもんではしゃあないからと、両口にするかと。注ぎ口も、ふつうのは機械で簡単に起こすだけだから、下がってるんです。でもこれは、汁物も後引きしない。取っ手の裏側も塞いで、水が入らなから腐らない。取っ手の角度が、微妙に使いやすいんです。使ってもらったらわかります。真っすぐやとグラつきよる。あんまり角度つけると、また使いにくい。これはもう昔からの経験ですわ。西陣織の染料を煮出すのに、行平でやったんです。うちは元々、大きい染鍋やら西陣の仕事やってたさかいね。
Could you tell us about the features of the yukihira-nabe saucepans you are making for this project? Most pans are machine-made and are just molded into shapes, so their spouts are angled down. But ours are different—they don’t drip messily down the side. Furthermore, the back of the handles are sealed to prevent water from getting inside and causing deterioration. The handles are attached at just the right angle which makes them easy to use.
鍛金ならではの良さも、もちろん生きているわけですね。
機械で絞っているのは、格好はいいけど、弱い。お餅伸ばしたら、もろいでっしゃろ。餅をぎゅーっと絞めたら、強いでっしゃろ。うどんでも、絞めるから硬い。あれといっしょです。金属は叩いたら、ものすごい強くなります。分厚いなあーと思うけど、持ったら軽い。火のまわりもね、分厚いほど、熱、伝わりますさかいね。美味しく炊ける。ステンレスは熱伝導がものすごいあるさかいに、あんまり美味しく炊けへん。料理屋さん、使わしませんわね。底から縁へ少しずつ広がっていく線が難しい。この線は、火あててね、火がすうっと逃げるようにせなあかんねん。そうせな、中が完全燃焼せえへん。
Are the distinct merits of tankin also evident? Metal becomes significantly stronger with hammering. It looks very thick, but is actually very light when you pick it up. The thicker the metal is, the better the heat is distributed, and thus the better the food is cooked.
工房には何人の職人さんがいらっしゃるのですか?
つくってるのは5人。女性もいる。40代、30代、一番若いのでも26くらいかな。みんな手がきれい。でも、きれいなだけじゃあかん。やっぱり力がなかったらあかん。今のはこうで、叩き方がね、優しい。見た目はきれいやけど。わしらの頃は「三尺差し」いうてね、竹の物差しで親父にバツーン!って叩かれましたわ。夜も11時、12時まで働いて。冬ね、工場ガランとして、寒さが骨身に染みまっせ。そやけど、一生懸命、早くやってた。そやから、粗いねん。で、粗いのが、やっぱり力強い。ちょんちょんやったら綺麗やけど、やっぱり力がない。
How many craftspeople do you have at your workshop? Five are involved in production, including one woman. Some are in their 30s and 40s. The youngest is around 26, I think. All of them make beautiful products. But making beautiful products is not enough. In my day, we worked hard and fast. That’s why the products were coarse. But coarse products are more dynamic.
注目すべき職人さんは、日本のどんな業界にいるのでしょう?
包丁かて、そんな職人いてはりますやん。まな板、柳のまな板とかありますやん。ああいう、ほんまの田舎で、ちっこいとこで、一生懸命やってはるとこで、売れへんとこありますやろ?高いから、売れへん。売れへんから、よけいに仕事やめてまうもんやから。それを安く、うまいこと普及するかやね。こだわった、高い人はいやはるんやけどさ、それで成り立ったらええんやけど、成り立たんやつもおるしね。
 In which industrial sectors can remarkable craftspeople be found? You can find them in knife-making. Also in the cutting board sector, for example those who make willow cutting boards. There are many small workshops that make great products, but are not good at selling them. Finding a way to sell them at reasonable prices is important.
つくることと売ること、両立の難しさがあるのですね。
職人の立場から言うのやけどね、腕の悪い職人は売れへんさかいに、買うたる言われたら、飛んでいきよると思う。そやけど、根性のある職人は、なかなか乗らへんと思うわ。自分で、自分の道を、開くもんわね。わしらからしたら、こんなもん、よう売るなあいうのもいる。生活もあるんやろうしね。それはそれで、ほっとかなしゃあない。わしがこうなったんわね。もう何十年前かなあ。鍋とかフライパンとかを売るプロに「職人は心意気あるもんつくれ!」言われてね。それがものすごい頭に残ってて。
What is the balance between producing fine products and being able to sell them?
Less proficient craftspeople jump at opportunities when somebody says they want to buy their products, but a professional seller of pots and pans once told me, “Make products that are full of spirit!” Although I was told this many decades ago, it still sticks in my mind.
ご子息・伸行さんに伺います。お父さまの姿を見て、鍛金の道へ?
継ぐとか継がないとかいう意識はなかったですね。自然に、継ぐもんやろうなと。ちっちゃいころから工場とか遊びに来てたりもしてたんで。で、ちょこちょこつくったりもしてたから。で、もともとは、ものづくりが好きなんで。だから、皆さん、良く継がれたねとか言わはるんですけど、でも、そんな苦でもなかったし。普通の会社行くほうがしんどいなとか(笑)。
Now a question to your son, Nobuyuki. Is your father the reason behind your choosing to follow his footsteps into tankin? Tankin came so naturally to me that I never really thought about whether I wanted to succeed my father or not. The workshop was part of my playground when I was little, you know.
工房を拝見して、かなりのハードワークとお見受けしました。
肉体的にはしんどいんですけど、精神的には、楽です。まあ、上司っていうたら、親父だけじゃないですか。ガミガミ言うてるのを右から左へ聞き流して(笑)。納期を守らな、早いこと、っていうくらいで。あとは自分のペースで、自分のやりやすいようにできるんでね。遅かったら、やっぱり、怒られますけど。ある程度のスピードでものつくれて、きれいに仕上がってたら、何も誰からも言われないんで。だから、体はしんどいんですけど、精神的には楽です。
Is the work as difficult as it looks? It is physically tough, but mentally it’s easy. My father is the only boss I have, so I can just let his comments and nagging go in one ear and out the other (laughs).
技術の伝承も難しいとお聞きしました。
口で言うても、説明がうまいことできない。親父もそうですけど、教えることが職業じゃないんで、教え方がわかんないんですよね。どう言うたら相手がわかんのかが、わかんないんで。ちょっと貸してみ、こうやんねん、っていうことしかできない。言われたほうは、こうやんねんって言われても、それがわからんねんって思うのが当然だとは思うんですけどね(笑)。僕もはじめそうでしたからね。この仕事、教える人間がいないとできないんで。やっぱりつくるときは、これでいいと思ってつくるからね。それを、できる人間が見て、ここはもっとこうやと言ってもらわないと、何が良くて何があかんのかがわからない。で、あと、どうやったら早なるかっていうのがわからない。っていうので、やっぱりモノがつくれないんで。
Is it not difficult to pass on the techniques or skills? Yes, because there has to be someone to teach the techniques. When you are working alone, you believe that what you are doing is right. So you need someone who knows better than you to point out what you are doing wrong. Otherwise you will never know what’s good and what isn’t.
一人前の鍛金職人になるには、どのくらいかかるのでしょう?
どこまでを一人前っていうのかもあるんですけど、ちょっと叩けて一人前っていうんやったら3年4年でできるんですけど、それはごく一部の商品ができるだけ。徐々に難しいのってなっていくと、僕らでもできないのがあるかもしんないです、そら、今やってないだけで、やってくれ言われて、やってみたら、うわ、めっちゃ難しい、っていう。そんで、試行錯誤してやっとできたっていうものも出てくるんで。普通の寸胴とか行平とかが、一から十まで全部自分で仕上げられるってなったら、まあ、5年6年あれば、そこそこにはなると思いますけど。ただそれも個人の能力によります。あと、若い時からやらないと、体ができないんで。30からやりたいって言っても、肩、肘こわしちゃうんで。関節傷めますんで。若いころは治るんですけど、歳いってからだとそれが治らないんです。手首が痛くて。仕事してるときはいいんですけど、冷えてくると、痛くなってきて。で、次の日、また仕事しだすと、痛くなくなってくるんです。温まってくるとね、体が。はじめはその繰り返しで。
How long does it take for a person to become a full-fledged tankin craftsperson?
If being able to do so-so hammering is considered good enough, then maybe three to four years. But you can only produce some of the products with that level of skill. So I think five or six years would make you a pretty good craftsperson. It’s also important that you start early, because only starting at a young age will train your body properly.
いかに手間暇のかかる製品であるかが良くわかりました。
ものによっては1日に2個っていうのもありますけどね。やかんは、1日1個とか到底無理。だから、いまはもうやかんとか断ってるんです。値段とかの問題じゃなくて、それやっちゃうと行平とか両手とか欲しいって言ってくれてるお客さんのとこに鍋がいかないですから。うちは鍋屋なんで。やっぱり鍋出したいんですよ。作品とかって言われると嫌で、これは商品なんでって。デザインとかよりも、自分がこうしたいじゃなくて、いかに、早く大量につくれて、しかもきれいに上げるにはどうしたらいいか、でやってるのが今なんで。装飾とかやれる範囲はいくらでも広がるんですけど、高くなるだけで、用途的には変わらないんで。それならいらないものは省いて、ひとつでも早くつくって、使ってもらうっていうことですね。
So, quite a bit of time and effort is truly needed?
Since we are pots and pans makers, that’s what we want to produce. I don’t like people calling them works of art; they are products. We are more concerned with how fast, how many and how beautifully we can produce, rather than the designs or how we want to make them.
ありがとうございました。 Thank you very much.
ARCHIVE